お気軽にご相談ください

078-862-5420

診療時間
9:00~12:30 / 14:00~18:00
※土曜午後は17:30まで

入れ歯

患者様一人ひとりに合った
入れ歯を

当院が入れ歯治療で心がけているのは、長時間の装着でもストレスになりにくく、使いやすい入れ歯の作製です。
「初めて入れ歯を作るのでいろいろとアドバイスをして欲しい」「他院で入れ歯を作製したがフィット感に難がある」など、一人ひとりの患者様の状況に合わせて丁寧にカウンセリングを行います。

保険診療の入れ歯と
自費診療の入れ歯

当院は保険診療と自費診療の入れ歯を扱っています。保険で作る入れ歯は費用が安く、修理しやすいなどのメリットがありますが、見た目や食事をする際の違和感をある程度覚悟しなければなりません。
自費診療であれば、素材や作り方を工夫することで、見た目の美しさや使用時の違和感の少なさを追求することが可能です。

メリット デメリット
保険診療の入れ歯 •少ない費用負担で制作することができます
•比較的短い治療期間で作製することができます
•素材の傾向から修理が比較的容易です
•薄く作ることが困難なので違和感を覚える人が多いです
•部分入れ歯では金属のばねが見えるので見た目のストレスがあります
•食感、軽さなど機能的に自費診療より劣ります
自費診療の入れ歯 •見た目の美しさにこだわることができます
•食べ物の温度を感じる、薄く作るなど機能の高さを追求できます
•噛みごたえが回復します
•保険の補助が無いので費用負担が大きくなります
•作製に時間がかかることがあります
•調整や修理は保険のものより難しい場合があります

当院で扱っている
入れ歯の種類

保険診療の入れ歯

部分入れ歯

残存歯にバネを引っかけて固定します。保険の場合、金属を使うので見た目の違和感があります。また、金属アレルギーのリスクもあるので、心配な方には自費診療がおすすめです。

総入れ歯

すべての歯を失ったときのための入れ歯です。保険適用の場合、歯肉に接する部分に使用するレジンという素材を、強度維持のために厚く作る必要があります。そのため装着時の違和感が気になるという方もいらっしゃいます。

自費診療の入れ歯

金属床義歯

金属床義歯とは、お口の粘膜が触れる床部分に金属を使用している入れ歯です。金属なので、薄くしても強度が保たれます。また、入れ歯自体に厚みがなく、装着時の圧迫感が少なく済みます。

ノンクラスプデンチャー

金属のばね(クラスプ)があると、入れ歯は目立ちやすくなります。ノンクラスプデンチャーは、金属のばねがないタイプの入れ歯なので装置を付けているとほとんど気づかれません。

ご自分に合った入れ歯を
選ぶのが大切

こんな状態ではありませんか

  • 噛むと痛みがある
  • 入れ歯が外れやすい
  • 入れ歯を入れていると話しづらい
  • 口内炎が増えた気がする

合わない入れ歯は病気のもと

バネをかけている歯への
負担が強いと失うことも

部分入れ歯は、入れ歯を支えるために残っている自分の歯にバネ(金具)をかけます。バネ自体が緩んだり曲がったり折れていたりしても、噛めるから大丈夫だろうとそのまま使用したり経年劣化で傷んでいると、バネ(金具)をかけている歯に過度の負担がかかります。
この負担は歯周炎の進行の原因となって歯がぐらついたり腫れて痛みがでるなどの症状を引き起こします。そのままで使用していると最終的にはバネ(金具)をかけている歯も抜かざるを得なくなり、さらにご自身の歯を失うことにつながっていきます。

傷んだ入れ歯が原因で肺炎に

入れ歯はレジンという材質でできており、吸水性や吸着性があり、唾液や細菌が染み込みやすく、歯垢や、歯石が付着しやすいものです。
また入れ歯に生じた細かいヒビや小さな欠けの部分にカビが生え、唾液や食べ物と一緒にそれを飲み込むことで肺炎(誤嚥性肺炎)になってしまうこともあります。

正しいケアでピッタリな入れ歯に

入れ歯の汚れや雑菌が付着するのを防ぐには、毎日のケアが欠かせません。
毎食後には入れ歯を外し、義歯用歯ブラシを使って隅々まで洗ってください。ふつうの歯ブラシでもかまいませんが、歯磨剤をつけると入れ歯の表面に細かいキズができるのでやめましょう。また就寝時はお口から外してください。外した入れ歯はお水や入れ歯洗浄剤の溶液に浸して保存すると、変形や乾燥によるヒビや割れを予防できます。

入れ歯以外の残っている歯もよく磨いてください。 欠損のある歯列は意外に磨きにくいので、一本ずつ丁寧に磨いてください。また入れ歯のバネ(金具)がかかる歯は特に汚れがつきやすいので念入りに磨いてください。もし磨き方がよくわからない場合、上手くできない時は歯科衛生士までご相談ください。

定期的なメインテナンスで
より快適に

自分の歯がたくさん残っているときは定期検診を受けていた方でも、入れ歯になったから定期検診が必要ない、噛めていればメンテナンスなんて必要ないとお考えの方もいらっしゃるかと思いますが、毎日使っているからこそ、バネのゆるみや人工歯のすり減りは自分では気づきにくいものです。
入れ歯の汚れは口臭の原因にもなり、もちろん見た目も良くありません。残っている大切な自分の歯を守り、入れ歯を快適にお使いいただくために、4ヶ月に1度のメンテナンス(定期検診)を受けることをおすすめします。

入れ歯(自費診療)の費用

金属床義歯 部分床義歯 ¥165,000
金属床義歯 総義歯 ¥330,000

※金属床義歯は、設計と使用金属によって価格が変動します。
上記以外にかかる費用が発生する場合につきましては、個別にご案内しております。
上記料金表は全て税込表記となっております。

入れ歯(自費診療)の
治療期間・回数

  • 約2ヵ月(4回~6回)
HOMETELLINE予約WEB予約

〒658-0015
兵庫県神戸市東灘区本山南町7丁目3-15

078-862-5420

電車でお越しの方

JR摂津本山駅から徒歩10分 (850m)
阪神深江駅、青木駅から徒歩11分 (950m)

車でお越しの方

近隣駐車場を無料でご利用いただけます。

駐車証明書を受付にご提示ください

アクセス